東京ハードボイルド

気の向いた時に気の向いたことを

社畜に馴染めればそれはそれで幸せだったのかもしれないのに、そうは行かない世知辛さ

f:id:akira_kayou:20181122004338j:plain

私は今現在、自宅で仕事をしている。

1年前には一般的なサラリーマンとして、毎朝6時に目覚めて満員電車で1時間以上かけて通勤していた。中央線、横浜線、南武線、京浜東北線、小田急、京急、東急、メトロなどなど。転職した回数が多い分都内の電車路線に詳しくなっていった。


御多分に漏れず恥ずかしながら、会社と言う名の檻の中で同じような境遇のさえない人の中に紛れて、時間が過ぎるのをただただ待っているような日々だったのである。

  • 会社の作り方
  • 定款をもって法務局へ行く。
続きを読む

ライブ配信っていったい何なの、修行なの

f:id:akira_kayou:20181127002121j:plain

Youtubeを見ていて思うことがある。時々垣間見るライブ配信と言うもの。なんなのか。いわゆる生配信というものであるが、老舗ではニコニコ動画などが有名で、最近はいろんなサイトやアプリで生配信がされ始めているのだ。

 

そんな生配信に興味を持ち始めた理由としては、私の仕事がネット通販の仕事であり、最近はネットショップもライブコマースと言われるものを利用して販売促進をしていることを小耳にはさんだのである。

  • ライブコマース
  • ライブ配信を調べてみた
    • ツイキャス
    • ふわっち
    • 17LIVE
  • とりあえず配信してみた
  • ライブ配信のコツ

 

続きを読む

ワイングラスを割ってしまったから新しいワイングラスをまた買おうと思う

f:id:akira_kayou:20181126011743j:plain

またしても、ワイングラスを割ってしまった。

「僕の心はひび割れたビー玉さ」と、堂本は歌っていたが、私の心は比較的常時バキバキに割れたワイングラスなのである。

 

割ってしまう理由もなんとなくわかっている。

酔っぱらった状態で食器洗いをしてしまうからである。くれぐれもワインを飲んだ後は食器洗いをしないことを提言。

 

ペアで買ったワイングラスを一脚だけ割って、不揃いなワイングラスがたくさんなんてことも、ワイン好きな人にはあるあるといった状況だと思う。全く同じワイングラスがたくさんあるほうがいいのだが、新しく買うときはほかのものを試してみたくなると言ったからくり。

 

高価なワイングラスでワインを嗜みたい気持ちはあるが、割ってしまうというリスクを考えると高価なワイングラスに手を出すのはどうしても気が引けてしまう。

しかし、ワインだけはワイングラスでなければワインの本来のポテンシャルを堪能できないということもワインが好きだからこそわかってしまうというこのジレンマ。

ということでワイングラスについての文章を綴ろうかと思う。

  • ワイングラスの持ち方
  • ワイングラスのタイプ
  • おすすめのワイングラス
  • ワイングラスの洗い方
    • 金属製のカトラリーなどといっしょに洗わない
    • すすぎを入念にする
    • 食洗器NG
  • 割れないワイングラス
    • プラスチックワイングラス
    • トライタン
  • もっと気軽にワインを楽しむ

続きを読む

間違っていた。Youtubeは若い人がおどけているだけの動画しかないと思っていた

f:id:akira_kayou:20181118171626j:plain

こう見えても私もYoutubeをたくさん見るタイプの人間である。30歳を過ぎてからTVをあまり見なくなっていたのだが、3年前ぐらいから逆にYoutubeを長時間見る生活になっている。好きなユーチューバーもたくさんいる。

しかし、ユーチューバーと言うのは40代の私からしたら、

はしゃぐ若者

と言った見方で見ていた。

  • 100万円で買った家
  • 水域創世
  • ユーチューバーの動画を見る
  • 見るというより聞くYoutube
続きを読む

種が話のタネになる話

f:id:akira_kayou:20181116220529j:plain人生というものはほんの小さなことで変えることができてしまう。例えば一冊の本を読んで億万長者になった人もいる。ということで一粒の種だけで休日に癒しを手に入れることもできる。


私は職を転々としてきたが、履歴書の特技の欄に書くことがなさ過ぎてある時からこのように書いている。

 

趣味:観賞植物を育てること

 

面接の際に圧倒的に話の空気感を変えることができる一文である。

この一文から始まる話のおかげで面接に合格したと言っても過言ではないという面接が数件はあったと思う。

しかし、観葉植物を育てる話を詳細に語りすぎると逆効果になることも踏まえなければならない。なぜなら、ただの園芸と言われればそれまでだからだ。

 

したがって、観葉植物が身近に感じるようなエピソードに昇華させる必要がある。

 

しかもこのブログのテーマとしてそれがハードボイルドである必要性が少なからず存在することも、頭のいい読者の諸君なら理解できることも理解している。

ということでまず「観葉植物を育てること」と言ったスキルを手にするためにやるべきことを述べていこう。


まず酒を飲むのだ。

男なら黙って酒を飲むのは基本的にやってしかるべきことであるのだが、今回呑んでほしい酒はジントニックである。

男は黙って赤霧島と言われてしまうと話が先に進まないのでとりあえずジントニックを飲んでほしいわけだるが、自分でジントニックを小粋に作って飲んでほしいのだ。

f:id:akira_kayou:20181116220746j:plain


材料
・ジン
・トニックウォーター
・レモン

ジントニックを普段から飲んでいる人からするとライムではなくレモンと言うところに疑問を抱くこともあったりなかったりするとは思うのであるが、今回はどうしてもレモンと言いたい。

f:id:akira_kayou:20181116220844j:plain

そのレモンであるが、単純に切ったレモンを絞って入れるということではなく、レモンのはちみつ漬けを作り、それを使ってジントニックを作ることから始めると、より時間と手間がかかっており、ジントニック自体もグッと美味しくなるのである。

 

ジンは市販のビーフィーターなどでよい。私はもっぱら近所のスーパーに置いているギルビードライジンと言う奴だ。時々タンカレーやボンベイサファイアを買う。

作り方は簡単である。

グラスはデュラレックスのピカルディ360㏄。

 

まず大量の氷を入れてマドラーで親の仇のごとくかき回す。グラスの周りが冷ええてきた感が見えてきたらツーフィンガーぐらいまでジンを注ぐ。そしてレモンのしぼり汁を少々入れて、トニックウォーターを適量注ぐのだ。

これでジントニックの出来上がりである。そしてつまみは大体アボカドコンビーフである。アボカドを細切れにして電子レンジで温めたコンビーフと和える。そしてマヨネーズを少々かけたものがとても美味しい。


ここで言っておきたいのは、

レモンもアボカドも種を捨てるな。

ということである。

f:id:akira_kayou:20181116220935j:plain


レモンの種は一日乾燥させて硬い表皮を取ってハイドロカルチャーの中に埋めておくと発芽する。この発芽したレモンをいろんな容器に植え替えてめでるのである。

アボカドも同様に簡単に目が出て恐ろしいくらい伸びる。アボカドは目が出るまでに2カ月ほどかかるが、目が出たら気色悪いくらいに伸びるので割と楽しい。

f:id:akira_kayou:20181116221002j:plain


上述したようなことを面接で話すと、とても聞き入ってくれるか、何言ってんだこいつと言った感じになるのだ。

レモンもアボカドも寒さに弱いのでこれからの季節のために対策が必要である。水をやりながら季節を感じ、そしてまたジントニックを飲む。完璧である。

 

ネット通販で買える一番高価な洋食器を探す旅で価値観と言うものがよくわからなくなった

 

f:id:akira_kayou:20180419000900j:plain

ネット通販で洋食器を買うことは今やスタンダードになった。ブランド食器なども以前に比べると簡単に見つけることができる。新品からユーズドまで探せば何でも出てきて、思いのほかリーズナブルに買えちゃったりもする。

超高級&最高級のブランド食器とは – 大人になれる本

そんな中で実際にネットで買える一番高価なものってどんなブランドでいくらぐらいなのかと言うことが気になったので調べてミルコクロコップ。

  • 高級品とは言え、たかが食器
  • 洋食器ファンが普通に考える高価な食器
  • 楽天市場で見つけたとても高い洋食器
  • 楽天市場高額商品ランキング
  • ネット通販と言うものが浸透した気がする
続きを読む

危機管理能力がいくら高くても回避できない危機がそこにある事実

f:id:akira_kayou:20180418230800j:plain

世の中に危険はたくさん存在している。考えもしなかった危険は意外なほど身近なところからやってくるものである。そんな危険と隣り合わせの人間社会であるが、私もまた、思いもよらない危険に見舞われたのである。

なんと私としたことがキッチンで調理中にスライサーで親指を盛大にスライスしてしまい、大出血したのだ。

スライサーはご存じだろうか。

野菜を薄くカットする調理器具なのだが、私の所有していたスライサーは100円ショップでゲットした白くてしょぼくれた大根おろし器についでにつけられたサブ機能であるスライサーである。

そんなサブ機能的存在のスライサーにより大出血した私は大量のティシューで血をぬぐいながら考えたのだ。

そもそも、こんな危ない調理器具を販売するのはいかがなものか。

時代は2000年を過ぎて早18年が経過しているにもかかわらず、こんな危険なものを平気で販売するなんてどうかしている。

と言うことで調理器具と言うものについて考えてみた。

  • 危険な調理器具
  • キッチンバサミ最強説
  • クックパッドにたくさんあった
  • スライサーを捨てる
続きを読む

そう言えば楽天スーパーセールがやっているから楽天の話でもしようか

f:id:akira_kayou:20180305105832p:plain


現在楽天市場で恒例のスーパーセールがやっている。以前に記事にしたような気がしないでもないが、なんとなくまたしてもそれについて書きたくもなるわけである。

 

楽天スーパーセールは半額を前面に出した広告を出してはいるが、意外とほしいものが半額になっていることはない。半額でも気軽に変えない高価なものや、半額になっても大してほしくないものがメインで半額であるから、手を出すべきは半額商品ではなくポイント倍率が高い商品か、もしくはクーポン値引きが施されている商品である。

event.rakuten.co.jp

  •  クーポンのポップアップにやれてしまう
  • ポイント倍率の計算がよくわからん
  • ネットショップ運営者側の最近の話題
  • 楽天がビックカメラと新会社設立
  • 一方そのころYahooショッピングは
  • 楽天レビューの商品レビューとショップレビューを混同しているレビュワーがいなくなりますように

 

続きを読む