東京ハードボイルド

気の向いた時に気の向いたことを

ワイン

ワイングラスを割ってしまったから新しいワイングラスをまた買おうと思う

またしても、ワイングラスを割ってしまった。 「僕の心はひび割れたビー玉さ」と、堂本は歌っていたが、私の心は比較的常時バキバキに割れたワイングラスなのである。 割ってしまう理由もなんとなくわかっている。 酔っぱらった状態で食器洗いをしてしまうか…

ボジョレーヌーヴォー2017は予約が始まったからネットで予約するべきである

夏が終わったらすでに肌寒い。今年は夏が早く終わった感が否めないが、それにつけても天候気候がおかしい。その昔、諸葛亮孔明は赤壁で天候気候を熟知することで戦いの主導権を握ったり握らなかったりしたらしいが、気温や天候に左右されるというとワインな…

テーブルウェアフェスティバル2017に行ってきた話のつづき

さて、前回のブログで題材にしたテーブルウェアフェスティバルであるがめんどくさくなったら続きを書かなくてもいいように最後に 「づつく」 と入力しておいた。 一見「つづく」のかと思わせといて「づつく」というわけのわからん文字にして めんどくさくな…

テーブルウェアフェスティバル2017に行ってみたらすごい数の奥様だった

かねてから行きたいと思っていたテーブルウェアフェスティバルというイベントがあったのであるが、とうとう今年に行くことができた。 それは考えれば7年ほど前から行きたいと思っていたのだから感慨深い。さながら7年殺しと言ったところである。 東京ドーム…

アンダルシアとバレンシアを合わせてシアワセ南無ぅ

大人になるということは「めんどくさいこと」を「めんどくさい」と認めて それ自体を許容すると言う上質な諦めを手に入れることである。 したがって大人な私はお世話になりましたと言う言葉を発さないと思う。 今日は天気がいいので 「雨が降っている風な内…

バレンタインデーに彼女と一緒に飲みたいハートラベルのおしゃれワイン10選

まだ気が早いと言われようと仕事柄すでに、バレンタインで頭がいっぱいの男が今まさに大田区で文字を入力している。 クリスマス以来の需要と言えばバレンタインで間違いない。インターネット界隈では、バレンタインにチョコをあげる女子向けの記事が飛び交う…

クリスマスに外食するよりも旨安ワインを家で飲んで過ごす楽しさもある

クリスマスを前にしてパーティ気分を味わいたいと願う気持ちは、誰だって必然的に持ち合わせるに決まっている。庶民中の庶民でおなじみの私ですらミニスカサンタのコスプレをした、何らかの女性が前に現れたら、鼻の下の一つでも伸ばしてみてもいいかなと思…

ボジョレーヌーボー解禁だからワインを飲んでみようかと軽い気持ちで挑むとグラスやらオープナーやらめっちゃ必要なのに焦る

毎年、その年のワインの出来具合を確認するために作られるワインが、ボジョレーヌーボーなのである。そう考えたらそれほど美味くないことも想像力が発達している人ならピンとくる。そうだ、それほどおいしくは無い。言ってみれば即席ワインなのだから。 今日…